助産師のほんわかブログ

日々感じていることや考え方、仕事のことなど、前向きになって、ほんわかできるようなブログにしたいと思っています。

子どものビタミンD欠乏症が増えています!気をつけるポイントは…

f:id:iikotoarimasuyoni:20190918234447j:plain


子どものビタミンD欠乏症が増えているのをご存知でしょうか?

 

ビタミンD欠乏症と診断された1~15歳の子供の割合は、09年10万人当たり3.88人から、14年には12.4人と約3倍に増加しています。

 

ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を高めるなどの作用があり、骨の発育に必要です。

また、免疫機能を調節する働きもあり、体内に侵入したウイルスや細菌などに対して、過剰な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進します。

そして、最近ではがん発症予防として、注目されています。

 

ビタミンDが不足するとどうなるのでしょうか?

 

ビタミンDが不足すると、カルシウムが骨に沈着せず、骨が柔らかくなります。

『ビタミンD欠乏性くる病』になり、O脚、X脚や、けいれん症状などが出現したりします。

そして、妊娠中のビタミンD不足で、新生児の頭蓋骨が柔らかくなる頭蓋癆(ずがいろう=新生児の頭蓋骨が柔らかくなる)になります。

 

 

ビタミンDを補充するためには、どうすればいいのでしょうか?

 

ビタミンDを多く含む食品としては、きくらげ、ほんしめじ、しいたけなどのきのこ類、あんこう、いわし、にしん、鮭などの魚介類に豊富に含まれています。

ビタミンDは、脂溶性なので、脂質を含む動物性食品から摂取した方が吸収されやすいですが、きのこ類でも炒め物や揚げ物として油とともに摂取することで、吸収率を上げることができます。

 

そして、ビタミンDは、紫外線を浴びることで皮膚で十分に生成されます。

1日15分程度の掌や二の腕の日光浴、日陰で30分程度過ごすことで、ビタミンDは生成されます。

 

しかし、季節や場所によるビタミンDを生成する日光浴の時間には、差があります。

紫外線の弱い冬場の正午に那覇なら8分、つくばでは、22分で日光浴で必要量のビタミンDを生成できます。

ですが、札幌ではつくばの3倍以上の76分日光浴をしないと必要量のビタミンDが生成できません。

詳しくは、地球環境センターのホームページにビタミンD生成・紅斑紫外線量情報が毎日アップされていますので、参考になさってください。

 

母乳栄養の場合、ビタミンDが不足しやすいので、適度な日光浴が推奨されています。

また、ビタミンD欠乏症の予防として、栄養機能食品としてBaby Dがあります。

1日の摂取量の目安は1滴で、ビタミンDを効率よく摂取できます。

BabyDには、BabyD (薬局などで販売)とBaby200(医療機関などで販売)があり、ビタミンDの含有量が違いますので、気を付けてくださいね。

 

 日光浴の問題点は? 

 

しかし、紫外線は、皮膚のたんぱく質に障害をしみなどの加齢変化や皮膚がんなどの原因になります。

場所や季節を考慮しながら、適度に日光浴をとりいれた方がよいですね。

 

 

私が学生の20年前は、くる病は栄養状態が悪かった過去の病気という認識で、今の日本ではあまりない病気と習いました。

 

しかし、私が働いているクリニックでも、母親が日光過敏症のため、ほとんど日に当たらない生活をしていて、赤ちゃんも同じように過ごされていた方がいました。

その赤ちゃんが、突然、けいれんを起こし、救急車で搬送されました。

原因は、ビタミンD不足からくる低カルシウム血症によるものだと診断されたのです。

 

私は、シミやシワになるのが怖くて、紫外線対策はかなり万全にしてきましたが、少し見直していかないといけないと思いました。

 

時代と共にいろいろ変化していきますが、最新の情報を取り入れていき、自分自身も家族の健康も守るようにしていきたいですね☀️

 お読みいただきありがとうございました。

森下仁丹 BabyD 3.7g

森下仁丹 BabyD 3.7g

 

 

赤ちゃんは、ぼんやり見えています。しかし、逆から見たらわからないかも⁉︎

f:id:iikotoarimasuyoni:20190918200106j:plain



生まれた直後、カンガルーケアをしている時に、あかちゃんがお母さんの方を見つめていると、よく言われることがあります。

「でも、あかちゃんって、まだ見えてないんですよね。」

 

いえいえいえ。

とんでもない‼︎

 

生まれた直後でも、視力は、0.01~0.02と言われていて、16~24㎝の距離は見えてます。

 

よく母乳をあげる距離くらいは、見えていますので、近付いて見つめてくださいとお伝えしています。 

 

見える色は、白、グレー、黒と限られていて、波長の長い赤い色からだんだん見えるようになってきます。

 

しかし、英国の研究チームは子宮内部のまで届く光を使った実験で、胎児でも「ヒトの顔」のように見えるものに反応する能力があることを確かめています。 

 

赤い光を3点組み合わせて、

①二つの目と口のように見える配置にしたパターン

②それを反転させて三角形に見えるパターン

で、どちらが多く反応するかという実験で、①の「顔」のような光を目で追いかける方が多く反応したという結果がでました。

 

お腹の中にいる時から、光を感じ、顔のようなものに興味があるんですね。

 

そして、赤ちゃんは色をあまり感じとることができないので、コントラストで相手を見ています。

 

コントラストとなる眉毛、目、鼻、口という上からの順番がとても大切です。

 

眉毛、目、鼻、口が通常の配置をして並んでいるときは、『顔だ』と認識します。

これをひっくり返した像で実験してみると、顔の認識ができないか、非常に劣るということを小児科医が研究報告しています。

 

赤ちゃんの顔を見る時は、近い距離で赤ちゃんと向かい合い、表情豊かにゆっくり変化させながら、目と目を合わせてお話しするようにしましょうね。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ガスケアプローチって何?フランスでは、当たり前です!

f:id:iikotoarimasuyoni:20190916092550j:plain


ガスケアプローチという言葉を聞いたことは、ありますか?

 

フランス人の女医のベルナデット・ド・ガスケ医師によって確立された姿勢と呼吸からグローバルにペリネ(骨盤底筋群)に働きかける身体的アプローチです。

ペリネとは、骨盤の底にあるハンモックのような筋肉です。

 

女性は尿道・膣・肛門のあ3つの穴が開いているので、腹圧が高まり、過度の圧力が高まると、ペリネにダメージが加わり、尿漏れ、ガス・便漏れ、子宮脱、女性性機能への悪影響がでます。

 

出産経験のない若い女性トップアスリートの調査では、競技種目によりますが60%が尿漏れに悩んでいることがわかりました。

特にトランポリンは、選手の80%に尿漏れがあり、そのうち14%が便やガスなどの肛門失禁を併発していました。

平均年齢は、14歳です。

 

また、日本の女性も30代前半までに、3人に一人が尿漏れを発症していると言われています。

 

 特に、妊娠・出産によって、ペリネは交通事故に遭遇したようなダメージを受けます。

そのため、フランスでは、産後6週間から1回1時間程度のペリネのリハビリを専門とする運動療法士や助産師のところに行き、体操と整体とマッサージを組み合わせたようなプログラムを10回受けることができます。

そのリハビリ費用は、全て保健適応になっています。

 

ガスケアプローチは、生理的な腹式呼吸を行えるように姿勢を整えることから始まります。

そして、ペリネを保護するための日常生活の姿勢などを意識していくものです。

 

骨盤底筋群を鍛える「キーゲル体操」は、ご存知でしょうか?

肛門を締めることによって、骨盤底の筋肉も一緒に鍛えることができるという方法です。

昔から、産褥体操として推奨されてきたものです。

 

ガスケアプローチとの違いは、キーゲル体操は、表層に近い「恥骨直腸筋」だけを収縮させます。

奥で臓器を支えている筋肉に働きかけるためには、姿勢と呼吸を考慮したアプローチが不可欠で、日常的に腹圧をかけない動作を心がけることも大切です。

 

日本では、まだ取り入れている施設は、少ないかもしれませんが、『ガスケアプローチ』は、これからどんどん広がっていくと思われます。

 

それと、産前産後ケアで「ママリュクス」という整体師さんの団体があります。

一度その整体師さんとお話しさせていただいたことがあるのですが、妊娠・出産についてよく勉強されていて、骨盤底筋トレーニングプログラムを組んでいます。

 

産後は、自分のことより、赤ちゃん優先の生活になり、体も心も疲れてしまいます。

サポートを上手に受け、産後の体も大切にした生活を送ってもらいたいです。

 

理論にもとづくペリネのケア: 適切な理解と実践で骨盤底筋群を守る! (女性の美と健康をささえるGasquetアプローチ)

理論にもとづくペリネのケア: 適切な理解と実践で骨盤底筋群を守る! (女性の美と健康をささえるGasquetアプローチ)

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

ベリーダンスの動きが、お産に関係しているかも⁉︎

ベリーダンスと聞くと何を連想しますか?

素敵な衣装で、腰をよく動かすセクシーな踊りを想像される方が多いと思います。

 

ベリーダンスは、世界で最も古い踊りと言われていて、中東を中心に踊られていますが、その歴史ははっきりしません。

踊りに込められた意味についても、「豊穣祈願」や「女神信仰」など諸説あります。

 

実は、ベリーダンスの動きは、女性の出産の時の動きがルーツだとも言われています。

時々、お産の時に、どうしても体を動かさずにはいられない産婦さんがいます。

そういう時、私はついベリーダンスを思い出してしまいます。

 

「妊娠中にあんなに激しく腰を動かしてもいいの?」

と思われるかもしれませんが、円を描くように腰を回したり、八の字に動かしたりするのは、体の歪みをとるのにも有効です。

 

体の癖で、歪みを持っている人は意外と多いです。

体が歪み、骨盤も歪んでいると、いざお産の時に、赤ちゃんが骨盤内に入りにくくなったり、骨盤の中を上手く回旋できなくて、時間がかかったりすることがあります。

また、妊娠中は、お腹が大きくなることにより姿勢が悪くなり、腰が痛くなったりもしますので、ぜひ正しい姿勢を意識してもらいたいと思います!!

 

とは、言っても、普通のベリーダンスのような激しい動きは控えてください。

やはり自己流で腰を動かしたりすると、よけい腰を痛めたりするので、ぜひ助産師に聞いてみてくださいね。

 

それと、妊娠中の運動として、マタニティヨーガ、マタニティスイミング、マタニティビクス、マタニティフラなどがあります。

妊娠のことをよく理解したインストラクターがついている方が安心ですし、正しい動きをチェックしてもらえるので、おすすめですよ。

適度に体を動かして、マタニティライフを楽しんでもらえたら嬉しいです♫

 

お読みいただきありがとうございました。

旬を生活に取り入れる。野菜ソムリエのお店で野菜が好きになる。


f:id:iikotoarimasuyoni:20190913213244j:image

今の時代、スーパーに行けば、簡単にいろんな野菜を買うことができます。

だんだん、いつでも食べれるので、食べ物の旬ってわからなくなりますよね。

 

旬の野菜には、そうでない時と比べて香りやうま味が豊富なので、味が濃く感じられ、栄養価も高くなります。

そして、何といっても鮮度が良く、価格も安く経済的です!

 

でも、食事を作るのって、ワンパターンになりがちですよね。

そんな時は、野菜ソムリエのお店にいってみませんか?

 

今日は、親友と和歌山のスペインバルの野菜ソムリエのいるお店に行ってきました。

地産地消(地元で生産されたものを地元で消費する)で、地元の食材を使っての料理のお店です。

 

お皿が一枚のキャンバスで、お料理が運ばれてきた瞬間に色鮮やかで、「きれい。美味しそう!」と言ってしまいました。

もちろん、野菜の良さを引き出してくれているので、野菜が本当に美味しいのです!

 

野菜ソムリエのお店ですが、野菜だけでなくお肉もちろんあります。

今日のランチは、カリカリフライドチキンでコーンフレークが衣に使われていて、本当にカリカリで美味しかったなぁ❤️

 

お皿もオシャレで、見た目もよく、美味しいってサイコーですね♫

 

旬の野菜を使って、調理方法と参考にして、いろんな色の野菜を取り入れて、普段のお料理を作っていきたいですね。

 

お読みいただいてありがとうございました。

薬膳料理。思っているよりお手軽です!

f:id:iikotoarimasuyoni:20190913092505j:image

健康で生活するためには、食事、運動、睡眠が大切ですよね。

でも、忙しい日常生活で、バランスのとれた食事を作ったり、適度に運動したりするのは、なかなか難しいことです。

 

しかし、バランスのとれた食事もちょっとしたコツや、適度な運動もスキマ時間を有効に使って筋トレなどをしたりすることで、健康的な生活を過ごすことができます。

 

ところで、薬膳料理を食べたことはありますか?

「なんだか健康には良さそうだけど、薬っぽいのかぁ」

「あまり美味しくなさそう…」

などのイメージがあるかもしれません。

しかし、実は美味しいのです!!!

 

薬膳料理とは、『中医学』という『中学伝統医学』の理論に基づいた食養生です。

 

そういえば、昔、養命酒のCMに「女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢の時に、た体調に変わり目が訪れる」というのがあったのをご存知でしょうか?

体には変化が起こる年齢があります。

それが、早く変化が起こる人もいれば、遅く変化が起こる人もいます。

これは、2000年前の中国の『黄帝内経(こうていだいけい)』という書物で、体の変化に向き合い、生活や食事を気を付けましょうという、治療より予防を重視した考え方が書かれています。

 

私たちの体は、当たり前ですが、食べたもので作られています。

当たり前のことですが、良い食べ物は、体の機能を高め、健康に近付き、体に良くない食べ物は、体の不調の原因となります。

食生活を見直すことは、健康に直結します。

 

薬膳は、食材と中薬を用いて、その人の体調や生まれ持った体質などを理解して、最適な治療を行うことで体質改善などを促し、身体の中にある回復力や治癒力を引き出し、健康な状態に導きます。

 

どんな食材でも効能があり、中薬(生薬)との違いは、効能の強さです。

体調や体質によって、身近な食材を使って、普段の料理に少しプラスするだけで、薬膳料理ができるのです!!

 

おススメの食材は、『しょうが、ねぎ、きくらげ、黒ごま、白ごま、くるみ、クコの実』

 特に、しょうが、ねぎ、ごまなどは、常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

しょうがは、新陳代謝を高めて発汗を促し熱をだします。

ねぎは、体を温めて、発汗を促し、胃腸を整えます。

白ごまは、皮膚粘膜を潤し、便秘予防によく、黒ごまは老化による肌のしわに栄養を与え、白髪予防にもよいです。

例えば、カボチャの煮物にすりごまをまぶすだけでも、栄養価はアップするし、美味しいんです‼️

 

特に妊婦さんや産婦さんは、赤ちゃんの身体を作るものを食べていますよね。

大切な赤ちゃんへの最高のプレゼントになりますよ🎶

 

妊娠、出産に関係なく、普段のお料理に体によい食材をプラスして、いつまでも健康でいられるように意識していきたいですね。

 

お読み頂いてありがとうございました。

 

 

身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ (講談社のお料理BOOK)

身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ (講談社のお料理BOOK)

 

 

 

 

 

地球を感じる方法…毎日心を充電しましょう♫

f:id:iikotoarimasuyoni:20190905204809j:plain


私は、昔ダイビングをしていました。

最近は、一緒に行く人がいないのと、お金と時間がないので、ご無沙汰していますが…。

 

ダイビングで、海の中に潜っていると、私も地球の一部だったんだと実感します。

大きな宇宙の、銀河系の、地球の、日本という島国の中の大阪人…。

宇宙からみたら、私は、アリンコ?

もしやチリや埃みたいな存在??

私って、地球の一部だ。いや一部って、おこがましいかも。もしや原子レベルかも……

 

私って、めっちゃちっちゃいやーん(笑)

 

そう思うと私の悩みなんて、大したことないよなぁって思うんです。

私がもしこの世からいなくなってしまったら、家族は悲しむだろうけれど、世界中の人にとって、私の存在なんて大したことない。

私、大スターでもないし…。

 

せっかく生きてるんだったら、人にどう思われようと、好きなことしないともったいない!

人生、いつ終わりがくるかなんて誰にもわからない。

よし、明日からまた頑張るぞ~!!っていう気持ちになるんです。

海の中にいるだけで、こんなに前向きな気持ちにさせてくれるって、すごいなぁっていつも思っていました。

 

海の中で、いろんな魚を見たり、サンゴをみたり、空を見上げるようにすると、太陽の光が海に反射していて、キラキラしているんです。

本当にきれいなんです。

海の中にいるだけで、癒しのパワーを感じるんです。

 

地球を感じます。

 

そして、生きるエネルギーをもらいます。

 

しかし、残念ながら、今はあまりダイビングはしていません。

 

その代わり、私が毎日実践している自然を感じる簡単な方法は、空を見上げることです。

空って、当たり前なんですけど、いろんな表情があります。

時間帯によっても違いますし、雲の形、色、なんとも言えません。

朝も昼も夜もどんな空も趣があります。

朝陽、夕陽、月は美しいですよね。

運が良くて、神々しい雲、流れ星をみれたら、本当に最高に幸せ気分になれます。

 

空を見ていると、空は地球を包んでいて、いろんな世界と繋がっているんだと感じます。

遠くに離れている人とも、繋がっている気持ちになれます。  

 

空だけではなく、自然のものにはエネルギーがあります。

花を見たり、木や土や川にふれることができたら、エネルギーをもらうことができます。

時間を気にせず、自然をできるだけ感じて、心を充電してみませんか?

 

下を向かずに、♫〜上を向いて歩こう〜♫

 

お読みいただいてありがとうございました。